仙谷由人元官房長官死去、72歳について

ブログ

以下引用

民主党政調会長や官房長官などを歴任した仙谷由人(せんごく・よしと)元衆院議員が11日午後10時30分、肺がんのため東京都内の自宅で死去した。

72歳だった。徳島市出身。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く。

弁護士から政界に転じ、1990年衆院選に旧社会党公認で旧徳島全県区から立候補し、初当選。落選を経て旧民主党へ移り、2009年まで通算6回当選した。政権交代後は鳩山内閣で行政刷新担当相、国家戦略担当相、菅内閣では官房長官、官房副長官を務めるなど政権中枢を担った。

財政、医療、消費者問題など幅広い分野に詳しい政策通として知られ、議員グループ「凌雲会」で、枝野幸男前原誠司両氏ら次世代リーダーの育成に尽力した。

歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで、時には激しく政敵と対立。とりわけ小沢一郎元民主党代表の政治手法には一貫して批判的な立場を取り、枝野氏ら「反小沢」議員の後ろ盾ともなった。

10年9月に起きた沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件では、官房長官として処理に当たったが、中国人船長を釈放するなどの政府の対応が「弱腰」と批判され、野党多数の参院で問責決議を可決された。

民主党が下野した12年衆院選で自身も落選。14年衆院選を前に不出馬を表明し、政界から退いた。

以上 時事通信社より引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000062-jij-pol

まずはご冥福をお祈りします。72歳とはまだまだお若い。残念です。

しかし諸行無常を感じます、仙谷さんは民主党政権下ではまさに権力の中心にいました。

私は、鳩山・小沢系の民主党は支持していたのですがその後の菅・野田とどんどん私の考えとは違う組織になり最後の最後にはまさかの消費税増税後の総選挙!?という愚挙を行いました・・ほんとに今の自民党安倍派の独裁を作ってしまった責任は当時の民主党執行部は大きいと思っています。

それゆえにその当時の幹部の立憲民主党代表の枝野氏は最後の最後は権力に靡く気がします。(あくまで個人的意見ですが・・)

 

コメント