別府はおろか日本全国的にも有名な猫ボランティアさんとお会いしました

ブログ

正直言って、政治は孤独です。要するに、好きでやるものですし。日本では職業政治家が、地方議員でも多いので、政治家に厳しいものなのです。

しかし、時には良いこともあります!!!

今日は、本当に胸が熱くなりました。政治家をやっていてよかったと思います。

殺処分ゼロなど票にならないと言われます。みんなが動物好きかというとそうではありません。

しかし、17歳の時、母からもらったタダ券で見た3時間超の映画「ダンス・ウィズ・ウルフズ」を見た瞬間、経営者に一刻も早くなるという目標を捨て、自然との共生・動物との和解の道を探るべく、商業高校から自然保護の専門学校へと大きく舵を切りました。

当時、2年で300万の学費と東京での生活費がかかったので、気合を入れて新聞奨学生の道を選び、朝の3時半に毎日起き、渋谷の雑踏を抜けて、専門学校に通い、夕方4時から夕刊を配達し、集金をしての毎日が、私の動物愛の原点です。

私の中で、人生の1丁目1番地の政策が「殺処分ゼロ」なんです。

ですので、この実現はもちろん公約にしています。

しかしいままで応援者などいなかったんです(´;ω;`)ウゥゥ

それが、今日、本当に頭が下がる現場のプロのボランティアさんから

「応援するよ」→本気で動物を保護するなら

と言っていただき、胸が熱くなりました。

本気で生きていれば、協力は得られるものなのだなぁと今更ながら再確認した次第です。

S旅館のおかみと主人には、本当に本当に感謝しかありません。

後は結果で返すのみ。

18歳の時、バック一つで上京し、布団も目覚ましもなく、3時半までドキドキしながら横になっていたあの頃と同じように、0だからこそできることがあると実感しています。

コメント