庶民党及び高久こうじの政治家としての今後について

別府市議選から5日経ちました。

終わった直後は、余りのショックで立ち上がれませんでした。こんな時に自分の器が試されると思いますが正直な今の自分の気持ちです。

私がいける!!と思っていた、チラシをポスティング(18万枚)してホームページをつくり、街頭に毎朝辻立ちをして、ご挨拶をする。それをすれば一度は「高久」を見かけ、チラシかホームページを見て政策を5%の人は支持してくれ投票をしてもらえるという考えは・・・甘かったようです。(少なくとも時間が足りなかった)

322人の方には理解して頂き投票に行ってくれた事、本当に感謝しています。また、ボランティアをしてくれた友人・支援者の方には感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

「次、頑張ってね」のありがたいお言葉、ありがとうございます。

私も気持ち的にはそうしたいところなのですが、妻の入院・生活・気持ちの整理などがありましてまったくの手弁当でやっていた政治をすぐに再開することは難しい状況です。(特に商売を休止していましたのでその盛り返しをしなくてはいけません)

無謀と言われた中でも私の中では勝算があり、全てを賭けての勝負でしたので一度討ち死にしたという状態でございます。

その代わりに選挙の準備・選挙戦の立案・演説・辻たち・訪問・ポスティングなど大きな経験はできました。現在は選挙の残務処理中です。

別府を変えたい・日本を変えたいという志は一切変わりません。

322人の有権者の方・支援者の方、全員にお会いをして感謝とお詫びを申し上げていきたいところです。可能な限り回っていこうかと思います。

庶民党・高久こうじを支援していただいて誠にありがとうございます。

 

 

 

コメント